Apple、世界絵文字デーを祝って今秋のソフトウェアアップデートで利用できる59種類の一部を紹介

Apple、世界絵文字デーを祝って今秋のソフトウェアアップデートで利用できる59種類の一部を紹介

今秋の新しい絵文字

7月17日は、「世界絵文字デー」です、Appleはこの日を祝って今秋に新しく利用できる絵文字を紹介し、食べ物、動物、活動、そしてスマイリーフェイスの人気カテゴリへの楽しさと刺激的な追加と共に、キーボードにさらに多様性をもたらす最新のデザインを明らかにしています

カップルや人間関係を表現するために一般的に使用されるHolding Hands emojiのメジャーアップデートでは、ユーザーは性別に加えて肌の色合いの組み合わせを選択して、75以上の組み合わせがあります
Emoji 2019 00003 z

昨年AppleがUnicodeをテーマにした絵文字を導入するというUnicodeコンソーシアムへの提案に続き、新しい盲導犬、補聴器付きの耳、車椅子、義肢、義足が、絵文字キーボードで利用できるようになります
Emoji 2019 00005 z

スポンサーリンク


その他の多くの絵文字カテゴリには、あくび、ワンピース水着、ワッフル、ファラフェル、バター、ニンニクなどの新しい食品、ナマケモノ、フラミンゴ、オランウータン、スカンクなどの新しい動物が登場し、エキサイティングなアップデートが行われています
Emoji 2019 00004 z
今秋、59の新しい絵文字デザインがiPhone、iPad、MacそしてApple Watchのための無料のソフトウェアアップデートで利用可能に

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)