インド製のiPhoneは、国内で販売されるのではなく欧州市場に輸出されるようになった

インド製のiPhoneは、国内で販売されるのではなく欧州市場に輸出されるようになった

インドからヨーロッパへ

重要な節目を表すものとして、インドで製造された一部のiPhoneは現在The Economic Timesによってヨーロッパの国々に販売のために輸出されています

当初、輸入税を回避し、インドのスマートフォン市場で価格競争力を高めるために、AppleはインドにiPhone製造を設立しました

これは今後数年間で成長の可能性があると見られています

インドを製造拠点として固めるという点では、現地販売から輸出への前進は大きな一歩です

The Economic Timesは、インドが輸出するiPhone 6とiPhone 7のモデルの合計が月に10万台弱であると主張するアナリストの発言を引用しています

Appleが1週間に何百万台ものiPhoneを世界規模で販売しているのを見ても、現在のインドの輸出業務の規模は依然として小さいと言えます

今年後半、Appleは製造パートナーにインドで新しいiPhoneモデルiPhone 11を生産するよう依頼したと噂されています

The Economic Timesの報道では、インドのFoxconn社からのiPhone 11の生産は月に25万台に達する可能性があり、その約75%が他の市場に輸出される予定です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)