Apple Parkは日本の免震構造に影響を受け、実際は地面に固定されてなく、まるで浮いているよう

Apple Parkは日本の免震構造に影響を受け、実際は地面に固定されてなく、まるで浮いているよう

地震の揺れを80%減らす

カリフォルニアにはサンアンドレアス断層があり、これまでもいくつかの強い地震に見舞われています

しかし同時に、地震防護には高いレベルの努力が払われており、これは特にそこにいるハイテク企業にも当てはまります

シリコンバレーの他の建物は震災後数カ月間ではないにしても数日間損傷を受け、機能しなくなる可能性がありますが、Appleの本社は昨年初めに完成し、巨大地震の直後に使えるように設計されています

Apple Parkは、いわゆる免震技術を使用している米国では比較的少数のうちの1つです

New York TimesのJim Wilson氏とThomas Fuller氏は、Apple Parkの地下室に降りて建物の防護地震システムを見学した印象を報告しています

スポンサーリンク


Apple Park earthquake 00003 z

地下2階建て、エンジニアがiPhoneやMacBookを設計するオフィスの下、建物は692個の巨大なステンレススチール製の受け皿に乗っかっています

地面が揺れると、建物は受け皿のどの方向にも4フィートも移動することがあり、皿の上にアイスキューブが乗っているようでプレートを前後に振ると、アイスキューブはほぼ静止した状態でスライドします

Apple Park earthquake 00002 z

Ive氏は「Jobs氏は、地震被害を防ぐために日本で建物を設計する方法を含め、日本のエンジニアリングに大きなインスピレーションを受けた」と言っています

日本の約9,000棟の建物が、さまざまな免震構造を採用しています、米国では、Appleの建物は、このテクノロジを使用している約175の建物のうちの1つです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)