「Sign In with Apple」はIDとパスワード入力より望ましいとGoogle認証チーフが発言

「Sign In with Apple」はIDとパスワード入力より望ましいとGoogle認証チーフが発言

Sign In with Apple

WWDCで発表されたように、Appleが認証業界に参入したことで、FacebookやGoogleのシングルサインオンボタンと直接競合するようになりました

プライバシーを重視した代案として請求される「Sign In with Apple」は、識別データすべてを含まない新しいアカウントを作成する機能を提供し、ユーザーはアプリに必要なものだけを入力し、第三者による追跡を最小限に抑えることができます

Appleの新サービスと直接競合しているにもかかわらず、Googleは新しいログインオプションをやや歓迎しています

Googleの製品管理ディレクター Mark Risher氏がThe Vergeとのインタビューで明らかにしました、サービス間で再利用できる通常のユーザー名とパスワードに頼るのではなく、アプリに直接アクセスするため望ましい

スポンサーリンク


サインインボタンの使用が増えたことで、インターネットとアプリのエクスペリエンスが向上し、ユーザーは毎回自分の認証情報を設定する必要がなくなりました

「しかし、実際にはフィッシングやパスワードの侵害、パスワードの再利用にはまったく関係がなく、ユーザーが使用するパスワードの総数を減らすことがより重要だ」とRisher氏は主張しています

また、「Googleは、認証の瞬間を記録するだけであり、それは広告のような他の目的のためにイベントを使用せず、ユーザーがGoogleアカウントのセキュリティチェックのページ内でそれを使用した場所を見るためだけに使用する」と述べています

(Source The Verge , Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)