macOS 10.15 Catalina、Apple Watchでさらに多くの承認が可能に

macOS 10.15 Catalina、Apple Watchでさらに多くの承認が可能に

Apple Watchは、macOS SierraからMacのロック解除が可能となっています、またApple Payでの購入を認証することもできます

macOS 10.15 Catalinaでは、Apple Watchから認証を受けることを可能にしています

パスワードの表示

Macに保存されているパスワードを確認したい場合は、その権限を得るためにMacのパスワードを入力する必要があります

そのプロセスを合理化するために、AppleはApple Watchで誰であるかを認証できるようになっています

macOS Catalinaでパスワードを見たいとき、自分自身の身元を認証するためにApple Watchのサイドボタンをダブルクリックすることができます

スポンサーリンク

アプリのインストールの承認と詳細

macOS CatalinaとApple Watchを使えば、Macへのアプリのインストールを承認し、承認するだけでなく、ロックされたメモのロックを解除したり、システム環境設定アプリの設定へのアクセスのロック解除したりでき、さらにルートファイルを変更出来るようになります

上記と同じように、認証して先に進むように求められたら、Apple Watchのサイドボタンをダブルクリックするだけです

迅速で簡単な認証

パスワードの入力は長い間世界中の多くのユーザーにとって単純な条件反射でしたが、Appleはその習慣を打破する手助けをしたいと考えています

Apple Watchはすでにコンピュータへのログインを迅速かつ簡単にしており、パスワードを表示して他の要素を認証するための新しい機能は、そのアイデアを倍増させます

(Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)