WWDC 2019の画像とプレスの招待状に込められたAppleのメッセージ

WWDC 2019の画像とプレスの招待状に込められたAppleのメッセージ

WWDC 2019は、6月3日月曜日からサンノゼのMcEneryコンベンションセンターで開催されます

WWDC 2019の画像とプレスの招待状から、Appleからのメッセージをひも解いています

WWDCの画像

5つの異なるWWDCイラストがあり、それぞれが異なるアニモジキャラクターを描いています

生き物は、ロボット、ユニコーン、エイリアン、猿と頭蓋骨です

それぞれが上から出てくるきのこ雲を持ち、さまざまな要素が強調表示されています、swiftのような鳥、ハンマー、それらすべてがAppleのロゴです

画像の多様性は、イベントが促進するためにそこにあるインスピレーションと創造性の豊かさを考えています、ジョイスティックがあり、ゲームがこのイベントの大部分を占めることを示唆しています

もちろん、すべての画像がアニモジであるという事実は、範囲内の別の生き物が明らかにされることを意味する可能性があります

ダークモード

すべての画像が黒い背景にネオンのような線であることに注意してください。 これはiOSの期待されるダークモードが確実にやってくることを意味すると思います

スポンサーリンク

プレスの招待状

WWDC 2019 Illust 00002
さまざまなイラストの中ですべてのメディアに送られてきたのはユニコーンなので、基調講演の性質を示すものになるでしょう

  • Swiftコーディング言語を表すswift
  • Augmented Realityを表すキューブロゴ
  • App Storeのロゴ
  • App Storeのゲームを表すロケットシップ
  • 共有アイコン
  • 選択スライダボタン

これらが、それぞれの画像で大半がネオン表示になっています

これらすべてから明白であると確認でき、iOSとmacOSの新しい発表があると想像されます

また、他の画像とはことなりユニコーンのキノコ雲は、たの画像と異なりマルチカラーです、4色はおそらくiOS、macOS、watchOS、tvOSと確認できます

Appleは、何時ものように今後発表まで内容を調整する、曖昧な部分もあります

(Via Forbes.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)