Apple、iTunesの顧客データを販売したと訴えられる

Apple、iTunesの顧客データを販売したと訴えられる

iTunesの顧客データ

Applecは、同社の宣伝広告に対するiPhoneの約束に反して、人々が購入したiTunesに関する情報とその個人データを違法に開示し販売していると主張する顧客から訴えられました

ロードアイランド州とミシガン州から来た3人のiTunes顧客は、それぞれの州の何十万人もの代表者者として、サンフランシスコの連邦裁判所に、「iTunesの顧客の個人データの開示は違法であるだけでなく、社会の弱者を標的にすることを可能にするため危険である可能性がある」と主張する訴えを起しました

スポンサーリンク


訴えによると

iTunes Storeのモバイルアプリケーションを介してアップルからカントリーミュージックを購入した、70歳以上の未婚の大学教育を受けたすべての女性の名前と住所のリストを、誰でもまたは団体で借りることができる
このようなリストは、リストされた顧客1000人当たり約136ドルで販売可能です

この訴えで、それぞれの州法に基づき、情報が開示されたRhode Island iTunesの顧客1人につき250ドル、ミシガン州の顧客1人につき5,000ドルを求めています

Appleの代表は訴訟に関するコメントの要請にすぐには応じませんでした

(Via Business Line.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)