米中の貿易摩擦が悪化するにつれ、Pegatronは6月以降Appleの一部の生産を中国から撤退

米中の貿易摩擦が悪化するにつれ、Pegatronは6月以降Appleの一部の生産を中国から撤退

生産を中国から撤退

サプライチェーンレポートによると、米国と中国の間の貿易摩擦が悪化するにつれ、Pegatron はAppleの生産の一部を来月には中国から撤退すると報じています

Financial Timesは1月、Pegatronがインド、インドネシア、ベトナムで生産能力を増強する計画を立てていたことを初めて報告しました

Pegatronは最近製造業者とのパートナーシップを確立したので、レポートはその注文がAppleからの可能性が最も高いと信じると言います

Pegatron社長のSJ Liao氏は、1月に元の報告書を確認し、会社にはもっと後に言うべきことだと述べ、正確な計画は米中間の貿易摩擦の状況に依存するだろうとしています

スポンサーリンク


今月初めのトランプ政権によるその貿易摩擦の大規模なエスカレートとHuaweiに課された制裁を考えると、それは確かにPegatronが Appleの生産計画をできるだけ早く実行することに意味があります

Pegatronは、中国国外で製品を組み立てようとしている唯一のAppleサプライヤではありません

Foxconnは、今年後半にインドでiPhoneの量産を開始するという独自の計画を確認しました

Goldman Sachsは、中国におけるAppleの最悪のシナリオは、同社の世界の利益がほぼ30%減少する可能性があると警告しています

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)