Apple、Global Accessibility Awareness Dayをフューチャーするためにトップページで特集

Apple、Global Accessibility Awareness Dayをフューチャーするためにトップページで特集

Global Accessibility Awareness Day

5月の第3木曜日は、「Global Accessibility Awareness Day」です

これは、障害のある人のための技術のインクルードとアクセスを促進するイベントです、過去数年間に渡って、Appleはアクセシビリティを促進するメッセージで世界中のいくつかの地域でApple.comを更新することによって日をマークしています

英国のApple.comフロントページでは、訪問者は、アップルの既存のユーザ補助機能ページにリンクされています、より多くのユーザ補助機能を探索することを推奨されています(日本でも現在同様のフォロンとページとなっています)
Accessibility Day 00002 z

それは、視覚、聴覚、身体的および運動的スキル、学習、および読み書き能力に関連した障害を持つユーザーをアップルが支援している分野を強調しています

スポンサーリンク


アクセシビリティのページで、Apple は2016年からの短編コマーシャルを、日常生活の中で自社製品を使っている現実の人々について、Mac上でSwitch Controlを使っているSady Paulsonのナレーションが付いた日常生活の中でその製品を使用する人々について、強調しています

それ以外の場合は、iPhone、iPad、Apple Watch、HomePodなどの製品の助けを借りて、VoiceOver、Live Listen、Switch ControlなどのAppleのアクセシビリティ機能が紹介されています

過去数年間に、AppleはCEOのTim Cookと3人のアクセシビリティ活動家の間で行われたインタビューを強調した一連の “Designed for”ビデオでGlobal Accessibility Awareness Dayを祝っています

Appleはまた、以前にOne Infinite LoopでStevie Wonderコンサートを開催し、Cupertino、Austin、Cork、Londonにあるアップルの企業オフィスで包括的なデザインを促進するグローバルイベントを主催しました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)