Apple、米国大手企業のFortune 500で3位に返り咲く

Apple、米国大手企業のFortune 500で3位に返り咲く

Fortune 500

Appleは、米国に本拠を置く年間売上高が最も高い企業であるFortune 500のリストで3位にランクされています

2018年にはリストの中で最も収益性の高い企業として認識され、タイトルは5年間保持し続けました

2019年のリストでは、トップはウォルマートの5,414億ドルで、Appleは2位のエクソンモービルの3,556億ドルに次いで2,902億ドルの収益で3位を獲得しました
Fortune 500 00002
Apple は以前、2016年と2017年フォーチュン500のリストで3位を保持していましたが、2018年は4位になりました、今年は4位から3位に上昇しました

Fortuneによると、Appleは15.9%の収益変動を見せ、595億ドルの利益を生み出しました

これは23.1%の変化で、同社の資産価値は約3,657億ドル、従業員数は約132,000人です

スポンサーリンク


Fortuneのアナリストによると、2018年は「Appleが最初に1兆ドルの市場価値を達成した年として記録されるだろう」と述べています

また「Appleの課題は、消費者がより長くiPhoneを使用し続けるにつれて、サービスプロバイダとしての地位を変えることです」とも述べています

Fortune 500は、このリストが始まって今年は65年目で、そのうちAppleは37年にわたってランクインしています、2013年にはトップ10に入り、それ以来7年間ずっと続いています

このリスト全体で、米国の国内総生産の3分の2を占め、収益は $13兆7000億、利益は $1兆1000億、市場価値は $22兆6000億、全世界で2870万人を雇用しています

(Source Fortune 500 , Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)