Apple HomePodは世界のスマートスピーカー市場の6%を占めるが、成長の余地は十分にある

Apple HomePodは世界のスマートスピーカー市場の6%を占めるが、成長の余地は十分にある

Strategy Analyticsの最新の予測によると、Amazon AlexaとGoogle Assistantの両プラットフォームは、今年、世界のスマートスピーカー市場でほぼ同じシェアを占めることになります

レポートによると、AppleのSiri搭載のHomePodは市場占有率が6%にとどまっているものの、「成長の余地は十分にある」といいます

Amazon Alexaの売上は2018年には37.7%でしたが、2019年には31.7%に減少し、Google Assistantの割合は30.3%から31.4%に増加しました

すべてのスマートスピーカーの全世界での売上は今年1億3500万台に達すると予想されており、これは57%の成長率です
SmartSpeaker 2019 00001
残りの売上は、AppleのSiri、AlibabaのAli Genie、BaiduのDuer OS、XiaomiのXiao AIなど、他の12以上の音声OSプラットフォームに別れます

スポンサーリンク


このレポートは、Google Assistantスマートスピーカーの世界的な販売が、2020年にはじめてAmazon Alexaデバイスを追い越すと予測しています

Strategy Analyticsのバイスプレジデント兼プリンシパルアナリストであるDavid Mercer氏は、次のように述べています

Amazon AlexaとGoogle Assistantは、それぞれ1億人を超えるスマートスピーカーユーザーの強力なグローバル基盤を築くでしょうが、Appleや中国のインターネットプレーヤーなどのライバルには十分な余地があります

(Via Strategy Analytics.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)