Apple Watchが急成長するベビーブーム世代マーケット

Apple Watchが急成長するベビーブーム世代マーケット

ベビーブーム世代

米国においては、第二次世界大戦後の1946年から1964年の18年間に生まれた世代をベビーブーマーと世代と呼びます

日本においては、ほぼ同じ年代の1947年から1949年にベビーブームが起きこの期間に生まれた世代を団塊の世代と呼ばれます

Tim Bajarin氏は、日本に旅行していたときに、ワイヤレスビジネスをしている人々との意見交換で、Wi-Fiが親の高齢者介護でどのように使われたかについての興味深い話をし、そのいくつかを紹介しています

当時(1997年)は、スマートフォンや携帯電話が広く利用可能と技術を受け入れられる前で、後に電気ポットにWi-Fiとモーションセンサーを追加し、親が最初にティーポットを持ち上げるたびにメッセージを送るようにアルゴリズムを作成し、成長した子供たちのPCに送信するようにしました

そんな、ベビーブーム世代も現在は70代になっています

スポンサーリンク

ベビーブーム世代マーケット

年配者によって使用されている報告されていない技術の1つはApple Watchであり、そしてより具体的には、彼らの健康を監視するためにそれを使うことを奨励し、両親のためにそれらを購入します

個人の健康状態を監視するさまざまな健康管理アプリケーションと、リアルタイムの健康データを家族と共有する機能を備えたApple Watchは、高齢の両親のケアにとってはるかに価値があるものになりつつあります

Apple Watchesと健康監視用ウェアラブルを高齢の両親のために購入した人と話をする中で、彼らはこれに対する動機の一部が両親の近くにいない罪悪感によるものであると認めました

場所の追跡にも使用できるApple Watchは健康監視に専念しており、成長した子供たちが自分の健康状態を追跡するだけでなく移動を促すために高齢の両親のために購入している種類の製品になりつつあります

両親が健康上の問題に対処し、連絡を取り合うことができるようにするために、高齢の両親のために何個のApple WatchesとFitbitが購入されたかを知ることは難しいですが、このセグメントは魅力的です

今日の技術は非常に進歩しているので、Apple Watchやその他のフィットネスウェアラブルを高齢者の両親の健康状態を監視するためのツールとして使用することは、健康と位置追跡のメーカーにとって重要な市場セグメントとなります

(Via Tech.pinions.)


私も離れて一人で暮らしている母親に、毎朝電話をして健康状態や精神状態を確認していました

そんな時、電気ポットを使用したかどうか解ると言う製品に興味を持った記憶があります、今ならきっと同じようにApple Watchを送っていただろうと思います

私自身、数年前に大きな病気をしたためにApple Watchを使って健康に気を配るようになりました

多くのヘルスセンサーが日本でも認可され、使用できるようになるのを期待しています










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)