Apple Glassesは、Appleの次の健康機器になる可能性がある

Apple Glassesは、Appleの次の健康機器になる可能性がある

拡張現実を使用するApple Glassesには、ゲームやApple Mapsの指示など、さまざまな可能性があります

健康管理

Tim Cookがインタビューの中で、Apple は次の大きな産業としてヘルスケアを見ているといっています

私たちはこの分野に非常に興味を持っています。 そして、それはビジネスチャンスです。
医療健康活動は、世界のどの国においても経済の最大または二番目に大きい要素です。 また、デバイスレベルでの焦点が純粋な観点から優れた製品を製造しているような方法で構築されていません
保険会社を通して、メディケアを通して、またはメディケイドを通して払い戻されることができる製品を作ることに焦点を当てています

Apple Watchを通して、同社はEKG機能を通して私たちの心の健康状態をモニターすることをより簡単にしています

スポンサーリンク

Apple Glassesのヘルスケアの取り組み

緑内障。緑内障はあなたの視神経に損傷を与え、時間の経過とともに悪化する 病気です。それは最終的に治療しないで視力障害を引き起こす可能性があります。それは失明の主な原因であり、そして誰もが危険にさらされています

緑内障検査の中には、目に光を当てるものがあります。2017年にプロトタイプの装置が誰かの目にレーザーを当て目のけがをしました

たぶんレーザーは緑内障テストに関与することができます、しかし明らかにAppleは目の怪我の可能性がゼロであることを確認する必要があります

Apple Glassesはまた、あなたの水、カフェイン、アルコール、食物の摂取量も追跡できるとしたら?

グラスに水を入れるだけで、自動的にAIを使ってSiriであろうとサードパーティのアプリであろうと、それを記録させることができると思います

昼食を食べるために座ったとき、食べたものを記録してカロリー推定値を与えることが可能だと思われます

(Via the Mac Observer.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)