AirPod、誤って飲み込んだ男性の胃の中で正常に機能しているのが発見される

AirPod、誤って飲み込んだ男性の胃の中で正常に機能しているのが発見される

誤って飲み込んだ後もAirPodがまだ機能

The Daily Mailによると、台湾のある男性は、誤って飲み込んだ後もAppleのAirPodがまだ機能していることを発見しました

Appleのワイヤレスイヤホンを装着している間にBen Hsu氏が眠りにつき、彼が目を覚ましたときにヘッドフォンが1本欠けていたことがわかりました

それから彼はそれを見つけるためにAppleの追跡機能を使った、それは接続されていて音を鳴らす範囲内にあり、サウンドが再生された事をメールで送ったことが表示されました

彼は、ビープ音が聞こえましたが何処で鳴っているか最初解りませんでした

「自分の毛布の下をチェックして周りを見回したが、それを見つけることができなかった、それから私は音が私の胃から来ていることに気づいた」と語っています

スポンサーリンク


高雄市立病院の医療従事者は、AirPodが胃の中にあり、消化器系を通過中であることを確かに確認した、と報告しています

Hsu氏は、AirPodを翌日自然に体内を通過した後に見つけたと述べました、彼がそれをきれいにして、そしてそれを乾燥させた後に、イヤホンはまだ無傷でそしてきちんと働いており、バッテリの残量はまだ41%あったと言います

バッテリに直接触れなかったので害はなかった

病院の緊急治療室で働く医師は、AirPodを飲み込んでも彼がデバイスのバッテリーに直接さらされていないため、害はないと述べています

(Via Business Insider.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)