Apple、2018年にAmazonウェブサービスへの支払いは実際は半分だった

Apple、2018年にAmazonウェブサービスへの支払いは実際は半分だった

Appleは昨年、クラウドの支出を大幅に削減し、Amazon Web Services(AWS)への支出額を半分にしました

自給自足へ移行

23日に、AppleがAmazonのクラウドに毎月 3,000万ドル以上を支出したことをお伝えしました

しかし、The Informationでは次のように報じています

数字を直接知っている人によると、AppleはAmazon Web Servicesへの支出を2017年の7億7500万ドルから2018年には約3億7000万ドルに劇的に削減した。この減少は、製品の背後にあるテクノロジを制御するという同社のより広範な理念に沿って、Appleが自社のクラウドサービスをより多く運用することにしたことによるものです

Appleは長年にわたり、写真、ビデオ、およびその他のデータをAppleデバイスからバックアップするためのインターネット製品を運営するために、GoogleやAWSなどの企業のクラウドサービスに依存してきました

スポンサーリンク


それは長い間、クラウド運用において自給自足になることを目指しており、その過程で多くの挫折を経験しました

その理由は、数年前からの未報告の事件によって強化されました、Googleが運営しているデータセンターの火災により、Appleの顧客の一部が写真やその他のデータへ一時的にアクセスできなくなりました

独自のクラウドインフラストラクチャの構築に多大な投資

2018年1月、Appleは5年以内に米国のデータセンターに100億ドルを投資する計画を発表しました

12月には、Appleは2019年までにその額の45億ドルを使うと発表しています

(Via The Information.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)