macOS 10.15では、Siriショートカット、スクリーンタイムなど搭載予定

macOS 10.15では、Siriショートカット、スクリーンタイムなど搭載予定

WWDCで発表か

Siriショートカット、スクリーンタイム、iMessage効果を含むiOSアプリケーションと機能は、6月のWWDCでmacOSに登場予定

macOS 10.15の開発に精通している人たちによると、今秋リリース予定のmacOS 10.15では、Siriショートカットのサポートが含まれ、これにより、簡単なSiriコマンドで開始できるマルチステップオートメーションを作成することができます

これにより、Macは「システム全体」でSiriショートカットのサポートを受けることになります

スポンサーリンク


つぎに、macOS 10.15はスクリーンタイムも追加される予定です

これはデバイス使用状況を追跡し、最も使用しているアプリに関する統計と共に毎週の終わりに報告します

親は子供が特定のアプリで過ごす時間を制限するためにこの機能を使用することができ、ソーシャルメディアから休憩しようとしている人々はInstagramやTwitterのようなアプリに制限時間を設定することができます

macOSでは、この機能はiOSの場合と基本的に同じように機能し、システム設定の新しいパネルに設定をカスタマイズするために収容され、制限時間を超えたときにオーバーレイが表示されます

スポンサーリンク


iPhoneとiPad専用のiMessageスクリーンエフェクトがあり、これらは、エコー、風船、紙吹雪、そしてレーザーのようなフルスクリーン効果を含みます

現在のバージョンのmacOSでは、iPhoneユーザーがこれらの効果を送信し、それらがMac上で読まれると、Mac上のiMessage画面は単にメッセージの下に「”効果名”で送信されました」と表示しますが、この効果のサポートも含まれる予定です

Appleの計画に関する以前のレポートにあるように、iOSとmacOSのエコシステムをより密接に結び付けます

これには、2021年までに起こる可能性がある、iPhone、iPad、およびMacデバイス間で動作するユニバーサルアプリケーションを開発者にリリースさせることが含まれます

macOS 10.15は、6月のWWDCで発表され、同日開発者にベータ版としてリリースされ、秋には正式版としてリリースされる予定です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)