Apple、自動運転車のためのセンサーの潜在的な供給者と協議中

Apple、自動運転車のためのセンサーの潜在的な供給者と協議中

プロジェクトタイタンセンサー

Reutersからの報告によると、AppleのProject Titanは、同社がフルオートマチック車ではなくセンサースタックを開発することになる可能性があるといっています

情報筋によると、Appleは次世代のLIDARセンサーのサプライヤ候補として少なくとも4社と交渉しているといいます

Appleは、現在のセンサーよりも小さく、安く、そしてより簡単に大量生産できるセンサーを望んでいます

現在のLIDARセンサーはレーザー光のパルスを使用して車の周囲の環境の正確な画像を作成します、しかし、それは最高10万ドルの費用がかかり、環境をスキャンするために可動部品を使用します

スポンサーリンク


Appleのプロジェクトタイタンの目的が、自社製の車を作ることなのか、それとも自律走行車のハードウェアやソフトウェアの要素を供給しながら、車全体のパートナーと組むのかは不明です

また、Appleが外部の供給業者を探すことに加えて、それ自身のセンサーを開発していると述べました

Appleは、通常の半導体製造技術で大量生産する可能性があるセンサー設計を検討し、同社はまた、数百ヤード先をスキャンできるセンサーも求めています

(Via Reuters.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)