今秋の iOS 13について期待されている噂

今秋の iOS 13について期待されている噂

Appleは6月上旬にWWDCでiOS 13を開発者に紹介する可能性が高いので、初期の詳細が漏洩し始めて明らかになるまでにまだ数週間かかるでしょう

9to5Macによると、新しいダークモード、ジェスチャーの改善、そしてたくさんの調整もまた期待されています

メールの機能強化

メールはもっと便利になります

メッセージをマーケティング、購入、旅行、重要ではない、などのカテゴリに分類するだけでなく整理しカテゴリーを検索できるように、また「後で読む」キューにメッセージを追加することもでき、メッセージを処理する機会が増えます

iPad向け機能強化

  • Safariは、iPad上で必要に応じてデスクトップ版のWebサイトを自動的に要求
  • 「設定」の新しい「フォント管理」パネルで、新しいフォントのインストールと使用がはるかに簡単に
  • 複数のアプリウィンドウ、1つのアプリで2つの別々のプロジェクトに取り組むことができる

スポンサーリンク

新しいツールと使いやすさの向上

  • 新しいカードインターフェースにより、個別の可動パネルで個々のアプリ機能にアクセス
  • Undoシステムがない現在のデバイスを振るのではない、まったく新しいUndoジェスチャー
  • ダークモード:macOS Mojaveで既に利用されているものと同様に高コントラストバージョン、などの設定で有効にすることができる
  • サードパーティ製アプリのコラボレーションツール:複数の人がPages文書を編集することはできますが、他のアプリでは同じことはできませんが、Appleはこれに取り組んでいる
  • テーブルビューとコレクションビューでアプリの複数のアイテムに対する新しいジェスチャー
  • 分割ビュー(左右に並べたアプリ)の両側に異なるステータスバースタイル
  • リマインダーを再設計
  • 新しい音量調節
  • 口述のための多言語サポート
  • 拡張されたアプリ内印刷コントロール

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)