TSMC、今年の新しいiPhone用次世代のA13チップを量産する準備がほぼ整う

TSMC、今年の新しいiPhone用次世代のA13チップを量産する準備がほぼ整う

A13チップ

新しいレポートによると、A13はTSMCのN7 +製造プロセスの「拡張バージョン」を採用する予定です

TSMCは、長年にわたりアップルの主要チップサプライヤで、まもなく、今年のiPhoneリフレッシュ用にA13の量産を開始します

A13チップは進行中

中国の新聞Commercial Timesによると、A13チップは「N7 Pro」と呼ばれる新しい製造プロセスを使用する予定です

TSMCの7nmチップに現在使用されている既存のN7 +プロセスの「拡張バージョン」と言われています

A13は、7nmプロセスを使用して製造された最後の主力Appleプロセッサになるでしょう、 TSMCは現在、台湾の新しいファウンドリで新しい5nmチップのリスク生産を開始しました

2019年後半から2020年初めに5nmチップの量産を開始する予定です。その後、同じファウンドリに3nmの製造施設が設置される予定です

スポンサーリンク

A13チップに期待すること

Appleの次世代プロセッサ A13は、より高速な処理とグラフィックス、Neural EngineのFace IDなどの機能強化をさらに推し進めます

また、消費電力の改善も期待できます

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)