Apple、iPhoneの販売台数は今年12%減少すると予測される

Apple、iPhoneの販売台数は今年12%減少すると予測される

ウォールストリート投資銀行は、Apple(AAPL) の成長サービス事業が短期的には iPhone の売り上げの減少を相殺できないと述べ、Apple(AAPL)を中立評価を発表しています

Credit Suisseのアナリスト Matthew Cabral 氏は、Apple(AAPL)の価格目標を209ドルに設定しました、今日の株式市場では、Apple(AAPL)は198.95ドルと0.8%下落しています

同氏は、「ハードウェア中心の企業としてのAppleの投資家の認識は、2桁のiPhone売上高の減少をカバーするのは難しいだろう」と述べています
IPhone XR 001

iPhoneビジネスは「困難な状況にある」

Cabral 氏は、2019年にiPhoneの販売台数が12.4%減の1億8290万台になると予測しています、昨年 iPhoneの販売台数は3.2%減の2億880万台でした

「AppleのiPhone事業は2018年の総収入の約60%を占めていたが、難しい状況であり、2015年のiPhone 6の成功で2億3,000万台に達しました、しかしユーザーがこれまで以上に機器を使用し続けているため(約4年)、2019年の出荷台数は20%以上減少する」と予測しています

スポンサーリンク

Appleのサービス戦略には時間がかかる

「AppleのiPhoneが成熟するにつれて、同社は9億台のiPhoneの巨大インストールベースをますます収益化することを推進しているため、定期的に成長し、最終的にはより価値の高いビジネスへと変貌していく」と語っています

さらに同氏は、「サービスへの移行の可能性を認識しており、これは2021年度までに650億ドルの収益に達すると予想しているが、その見方を実行するには時間がかかると」述べています

Appleのサービス事業には、App StoreおよびApple Music、Apple TV +、Apple News +などの定期購読サービスが含まれます

(Via Investor’s Business Daily.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)