Apple、プライバシーの問題でFacebookとGoogleに立ち向かい、コアビジネスにどの程度ダメージを与えるかを強調

Apple、プライバシーの問題でFacebookとGoogleに立ち向かい、コアビジネスにどの程度ダメージを与えるかを強調

FacebookとGoogleのエンタープライズ開発者ライセンスを一時的に取り消す

Appleは今週、FacebookとGoogleが自社のルールに違反したAppleのオペレーティングシステムにアプリをサイドロードしたと報じた後、Facebook とGoogle のエンタープライズ開発者ライセンスを無効にし、従業員専用アプリを一時的に無効にしました

木曜日の夜にエンタープライズ開発者ライセンスが回復するまで、ライセンスの停止は両社内でのアプリケーション開発を停止し、基本的な企業機能を中断しました

FacebookのエグゼクティブPedro Canahuati氏は、次のように伝えています

Appleの見解は、我々がこのアプリをサイドロードすることによって彼らの条件に違反したということであり、そして彼らは彼らのプラットフォームのルールを決定している


Appleとの関係は非常に重要です – 私たちの多くは毎日職場でApple製品を使用しています、そして私たちは多くの従業員アプリケーションをiOSに依存しているので、故意にその関係を危険にさらすことはしません

スポンサーリンク

インターネットの巨人たちとのプライバシーの問題をかかえていた

Appleは以前、教育的なプライバシー対策を開始しました、たとえばデータの追跡に関するSafari内のユーザーへの警告や、iPhoneで費やす時間の対策などです

しかし、開発やアクセスを妨げることは決してありません

Appleは水曜日に、ライセンスの停止は「ユーザーとそのデータを保護する」ための手段であると述べました

Canahuati氏が認め容認したように、Appleはルールを決定します

(Via CNBC.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)