OLEDの画面の採用でiPhoneのバッテリ寿命が低下

OLEDの画面の採用でiPhoneのバッテリ寿命が低下

Washington Postの Geoffery Fowler氏が 指摘しているように、すべてのハイテク製品が世代ごとに改善するという一般的な考え方とは対照的に、iPhoneのような高度なスマートフォンのバッテリ寿命は低下しています

最近のテストでは、Fowler氏はiPhone XSが1年前のiPhone Xよりもバッテリーのベンチマークを悪化させていることを発見しました

Fowler氏は、新しいiPhoneでの日常使用時のバッテリ寿命を短くする原因になる可能性があることを示唆しています

消費電力の多いアプリケーション、追加されたコンピューティング要件、およびデバイスの中毒性などの多くの要素がバッテリ寿命に影響を与えていますが、最新の携帯電話に搭載されている最先端のスクリーンが最大に影響を及ぼす可能性があります

iPhone XSとXS Maxの魅力的なOLEDディスプレイは使いやすく見えますが、従来のLCDパネルよりも多くの電力を必要とします。その追加の消費電力は、バッテリの改善を上回ります

Appleは2019年のiPhoneラインナップで完全にOLEDパネルに切り替える予定です
Battery test 00001

スポンサーリンク


ワシントンポスト紙によると、OLEDディスプレイの代わりにLCDを使用するiPhone XRは、バッテリ寿命テストで優れた性能を発揮するという顕著な例外でした

iPhone XRは、25時間の通話時間、15時間のインターネット使用、16時間のビデオ再生、および65時間のオーディオ再生で、あらゆるiPhoneのバッテリー寿命を最長にします

バッテリー最適化会社のQnovoのCEOであるNadim Maluf氏は、ワシントンポスト紙に対し、バッテリーは約5%の年率で改善すると語ったが、スマートフォンの消費電力はそれより速く増加している

スマートフォンの技術的進化に、リチウムイオン電池の技術革新が追いついていないと言うことになります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)