スマートフォンマーケットが景気後退の中、AppleのiPhoneは堅調に推移

スマートフォンマーケットが景気後退の中、AppleのiPhoneは堅調に推移

前年同期比8.4%減

Strategy Analyticsの2018年第3四半期の見積もりでは、世界全体のスマートフォン出荷台数は3億6,000万台で前年同期の3億9,310万台と比較して8.4%の減少となっています

スマートフォン業界は、キャリア補助金の大幅削減、交換料金の引き上げ、複数の地域での在庫蓄積、エキサイティングなハードウェア設計革新の欠如などのさまざまな条件の影響を受けています

Appleはそんな中で4,690万台し前年同期の4,670万台から、0.4%増でした
SmartPhone Market 00001

スポンサーリンク


Appleは、新しいiPhone XS/XS Max、iPhone XRは原材料の価格が高騰した影響と断言していますが、Woody Oh氏は、高平均販売価格が成長の欠如の一つと考えています

スマートフォンベンダーのリストによると、Appleは昨年の第2位から第3位となり、第2位となったHuaweiは出荷台数は32.5%増の5,180万台に達し、14.4%のシェアを獲得しました、Appleの13%でした

Huaweiは、北米市場では存在感はありませんが、他のほとんどの地域、特にアジアやヨーロッパで広く人気があります

Samsungは、出荷台数は前年比13.3%減の7,230万台に達したが、市場シェア20.1%を獲得しています、同社は中国やインドの巨大市場でライバルである中国のHuawei、Xiaomi、によって地盤を失っています

Appleに続くのは、Xiaomiが3300万台で、前年比19.1%増、市場シェア9.2%、Oppoが 3,120万台(0.6%減)、市場シェア8.7%増でした

(Via appleinsider.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)