Apple、iPhoneチップメーカーDialog Semiconductorを6億ドルで買収

Apple、iPhoneチップメーカーDialog Semiconductorを6億ドルで買収

Appleは、iPhoneチップメーカーであるDialog Semiconductorの部品を購入するために6億ドルを支払うことに同意ました、この動きは、パワーマネージメントや充電などのAppleのカスタム半導体の取り組みを示唆しています
契約の条件の下で、AppleはDialogのDialogの特許は、Dialogの従業員の16%である約300名のエンジニアと、欧州の事務所を取得しています

Dialogの株式は、フランクフルトで木曜日に34%上昇し、2002年以来の最高値を記録しました

覚書:

  • AppleはDialog Semiconductorsの電力管理技術のライセンスを取得します
  • それは、今後3年間に300百万ドルの前払金と300百万ドルの買収義務を支払うことになります
  • Appleは英国、イタリア、ドイツのDialogのオフィスを取得
  • Dialogは、iPhone、iPad、Apple Watchで使用される電源管理チップを設計します
  • AppleはDialogのトップ顧客です

この契約は、規制当局の承認を条件として、2019年上半期に終了する予定です

スポンサーリンク

Dialog、Appleのサプライヤとしての役割を担う

  • iPhone XSロジックボード上のDialogの電源管理チップ
  • Dialog 001

Appleが iOSデバイス用に独自の電源管理チップを設計し始めるとの噂で、今年初めに株式が打ち切られた後、かなりの取引がAppleのサプライヤーとしてのDialogの役割を確かなものにしています

Dialog CEOのJalal Bagherli は、3月にAppleが「2019年と2020年に多くのデバイス用のチップの設計を依頼した」と述べています

今回の買収は、イタリア、ドイツ、英国のDialogを引き継いで、ヨーロッパ全体でチップの研究開発を大幅に拡大するAppleへの莫大な投資を意味します

(Via iDownloadBlog.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)