すべてのApple デバイスのスクリーンショットをフレーム付きにするショートカット「Apple Frame」が公開

すべてのApple デバイスのスクリーンショットをフレーム付きにするショートカット「Apple Frame」が公開

ショートカット「Apple Frame」

今月初めに紹介した、iPhone XS/XS Maxのスクリーショットをデバイスフレームと合成するショートカット「XS Frames」の作者が、現行のAppleが販売するすべてのデバイスで、スクリーンショットをデバイスフレームと合成するショートカットを公開しています

対象デバイス

  • iPhone 6 and 6 Plus
  • iPhone 7 and 7 Plus
  • iPhone 8 and 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS and XS Max
  • Apple Watch Series 4 (44mm モデル)
  • iPad Pro (12.9インチ モデル)
  • MacBook Pro (Retina, 13インチ モデル)
  • iMac (5K モデル)

iOSデバイスの場合、ショートカットはポートレートとランドスケープの両方向をサポートします、オリジナルの場合と同じように、このショートカットは個々のスクリーンショットまたはスクリーンショットのフレームをフレーム化することができます

一度に複数のスクリーンショット(異なるデバイスからのものであっても)を処理している場合、ショートカットはフレームバージョンを単一の合成画像に結合します
Apple Frame 001

スポンサーリンク


「Apple Frame」のショートカットの主な変更点は、アプリが写真で見つけなければならない各スクリーンショットの幅をチェックする長い条件リストです、同じ幅であるが高さのカウントが異なるスクリーンショットを生成するデバイス(iPhone 8 PlusやXS Maxなど)には、高さパラメータもチェックする追加の条件があります

これにより、ショートカットは、プラスサイズのスクリーンショットを最大サイズのスクリーンショットから正しく分離することができます
Apple Frame 002
ショートカットは現在幅の値が約12種類あることを確認しているので、写真の幅がiPad Proのスクリーンショットと同じであれば、写真のピッカーがスクリーンショットを混在させている可能性があります

残念ながら、MacOSスクリーンショットをサポートするには、「スクリーンショットはありますか」をフィルタとして使用するだけで、ショートカットはMacスクリーンショットを認識しないため、幅のある「写真を探す」アクションを使用し続ける必要がありました

元のショートカットと同じように、ウィジェット、アクション拡張(共有シートを介して入力として画像を渡す場合)、またはSiriから実行することができます

どのように起動しても、ショートカットは常にショートカットアプリを開き、iOSの拡張機能に内在するメモリの制限を回避します、私のテストでは、Shortcutsアプリケーションのメインライブラリビューからショートカットを実行することが最も速いことがわかりました

ショートカットエディタが閉じられているため、アプリケーションにアニメーションを表示する必要はなく、何十台ものデバイスであっても、数秒でイメージをスティッチします
Apple Frame 003

ショートカットは2種類あります

  • Apple Frames
  • iPhone 6/7/8/X/XSの標準、Plus、MaxとiPad Pro (12.9インチ モデル)、Apple Watch Series 4 (44mm モデル)、MacBook Pro (Retina, 13インチ モデル)、iMac (5K モデル)

  • Apple Frames (iOS-only)
  • iPhone 6/7/8/X/XSの標準、Plus、MaxとiPad Pro (12.9インチ モデル)、Apple Watch Series 4 (44mm モデル)

ダウンロードはこちらから行えます

(Via Macstories.)

追記

利用してみて、画像の取得が「古い順」になっていて使い難いので、「新しい順」に変更するのが良いでしょう
Apple Frame 005

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)