Apple、APFSのリファレンスドキュメント「Apple File System Reference」を公開

Apple、APFSのリファレンスドキュメント「Apple File System Reference」を公開

APFS

Appleは「iOS 11」「macOS High Sierra」で新しいファイルシステム「APFS」に変更しました

APFSはApple File Systemの略です。アップルのHFS +ファイルシステムの代わりであり、Mac、iPhone、iPad、Apple TV、Apple Watchのすべてをカバーします

APFSでは

  • フラッシュ ストレージ用に最適化
  • APFSはFlashストレージで最適に動作するように設計されています、したがって、データの保存と転送に関しては読み取りと書き込みの時間が高速になり、一般的に信頼性が向上します

  • 見出し機能: スナップショットとクローン
  • APFS の最大の特徴は、スナップショットとクローンです
    スナップショットは、ファイルシステムの読み取り専用のインスタンスです、クローンを使用すると、APFSは追加のストレージスペースを占有することなく同じボリュームに簡易コピーを作成することができます

  • 低レイテンシにより、APFS デバイスが速く感じる
  • アプリの起動やデータ配信などの処理が大幅に高速化されます、これにより、iOSのスピンナーやMacのビーチボールが表示する読み込み時間が短縮されます

  • フリーフローパーティション
  • 1つのパーティションの領域が不足している場合、APFSは別のパーティションからストレージスペースを自動的に要求できます
    APFSは、すべての使用可能なパーティションの周りにコンテナを作成するため、これを実行することができます

  • 暗号化機能ありき
  • APFS は、暗号化を主要な機能として設計されています、単一のキーと複数のキー暗号化の両方をサポートしています

  • 将来を考慮
  • HFS + は 32 ビット ファイル IDをサポートしていました、APFS は、64-ビット inode 番号までサポートします

スポンサーリンク

Appleは、「Apple File System Reference」と題した143ページの新しいファイルシステムに関する詳細なドキュメントをリリースしています

改訂履歴によれば、これは暗号化されていないストレージ上のAPFSへの読み取り専用アクセスに使用されるデータ構造を記述していますが、Fusion Drivesについては明らかではありません

(Via Eclectic Light Company.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)