Apple Watch Series 4のこれまでのモデルとは違う、10の機能を紹介したビデオ

Apple Watch Series 4のこれまでのモデルとは違う、10の機能を紹介したビデオ

Apple Watch Series 4

9月21日に発売になった Apple Watch Series 4 のApple Watch Series 3までのモデルとは違う 10の機能を紹介したビデオです

  1. 表示
  2. これまでのApple Watchesよりも30%以上も大きい細いペゼルのディスプレイ

  3. セラミックバック
  4. これまでの、ケースの裏側は金属で、心拍数モニター用のガラスカバーが付いていたものから、セラミックでガラスカバーが付いていたものに変換、これで心電図(ECG)が可能に

  5. デジタルクラウン
  6. Cellularモデルの赤い大きなドットから、赤いリングに変更、さらに触覚フィードバックが改善

  7. 心電図(ECG)
  8. スタートを押してデジタルクラウンの側面に指を置くだけで計測できます、この機能は今年度中のソフトウェアアップデートで米国のみでの利用が可能となります

  9. 文字盤
  10. インフォグラフとインフォグラフモジュラーの二種類の文字盤で、最大で9つのコンプリケーションを利用出来ます

  11. ゴールド
  12. iPhone XS/XS Maxとあわせての新色のゴールド

  13. Bluetooth 5
  14. Apple Watch Series 3は4.2でしたが iPhoneと同等のBluetooth 5へ

  15. ジャイロ
  16. ジャイロスコープの加速度計をアップグレードし、ダイナミックレンジの2倍と最大32Gの力を検出、これが転倒検出機能となっています

  17. S4チップ
  18. Apple Watch Series 4で採用されたS4は、Series 3のS3チップの2倍高速

  19. スピーカー
  20. スピーカーをチューニングして音質を向上させ、音量を50%アップ

スポンサーリンク





残念なのは

  • 心電図(ECG)が日本で利用出来ないこと
  • インフォグラフとインフォグラフモジュラーのコンプリケーションにまだサードパーティ製アプリがほとんど対応していないこと

コンプリケーションに関してはサードパーティ製アプリの今後に期待ですね

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)