Siriの新しい特許は、HomePodにユーザーの音声認識をもたらす

Siriの新しい特許は、HomePodにユーザーの音声認識をもたらす

複数の音声を区別

スマートアシスタントについては、Google Assistantが確実にレースをリードしています

HomePodのユーザーの最大の不満の1つは、Appleのデジタルアシスタントが複数の音声を区別できないという事実でした

その結果、家のゲストまたは家のメンバーは、HomePodに自分のiMessagesまたはメール通知を読み上げるように指示できません

このような理由から、多くのユーザーがプライバシを危険にさらすよりも HomePod の機能を無効にしています

対照的に、Googleのアシスタントは最大6人の異なるユーザーを認識し、カスタマイズされた個人的な返信を行うことができます

ついに、Siriがこの機能を利用するかもしれないようです

スポンサーリンク

新しい特許

Siri Homepod User 001
Appleが米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office)に提出した特許には、複数の「ユーザープロファイル」を構築して保存できるシステムの概要が記載されています、Siriはおそらく、個々のユーザーのライブラリを作成したり変更したり、好みや使用方法を追跡したり、個別化された正確な応答を考え出すことができます

これにはもちろん、各ユーザーを音声で認識できることも含まれます。ただし、サポートされているユーザーの最大数についての情報はないようです

これは遠くない将来のHomePodアップデートが音声認識を持っている可能性があることを意味します

(Via phone Arena.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)