iPhoneサプライヤー、新しいiPhone&iPadに先立ってFace IDコンポーネントの注文が大幅増

iPhoneサプライヤー、新しいiPhone&iPadに先立ってFace IDコンポーネントの注文が大幅増

Appleの垂直共振器面発光レーザ部品、すなわちVCSELの主要サプライヤーLumentum Holdingsは、Face IDとAnimojiテクノロジーのためにiPhoneの正面カメラで使用されている、拡張現実感と3Dセンシング事業が好調であると言います

その収益のリリースでは、Lumentum Holdingsは、より良い予想以上の6月四半期が予想されます、同社は、今年の新しいiPhoneの生産をアップルが増やしたことに起因して、予想よりも早くARおよび3Dセンシング事業が好調に推移したと説明しました

LumentumはFace ID検出チップ技術のApple最大のサプライヤで、約75%の市場シェアを持っています
Loup Venturesが報告したように、同社は3Dセンシング収益を60〜6500万ドルと報告しており、第4四半期末に向けて特に好調に推移しています

6月18日の四半期の終わりには、経営陣の予想を上回る主要顧客(Apple)への出荷を開始しました、さらに重要なことに、同社は9月18日と12月18日に大幅に受注量が増加すると予想しています

スポンサーリンク


ここで最も注目すべき点は、Appleが今年もVCSELの受注の大部分を再び確保したことです

このような3Dセンシングと拡張現実感のコンポーネントは引き続き高水準で供給が制約されており、Appleがこのような大量の注文をLumentumのような会社に投入することは、2018年に生産されたすべてのVCSELの大半を再び確保し、ARでのリードをさらに拡大すると考えられ、Androidメーカーがその技術に乗り込むのは難しくなるということです

AppleがFace IDコンポーネントの注文を増やしたことはあまりにも驚くべきものではありません。今年、Face IDが新しいiPhoneとiPadのモデルに拡大していることを示す最新の証拠であるとも言えます

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)