Tim Cook、「スクリーンタイム」を使用して「私は自分のiPhoneを使い過ぎている」と語る

Tim Cook、「スクリーンタイム」を使用して「私は自分のiPhoneを使い過ぎている」と語る

AppleのCEOでさえ、彼が彼のデバイスでどれくらいの時間を費やしているのに驚いています

スクリーンタイム

Appleは、昨日のWWDC 2018基調講演でiOS 12の新機能として「スクリーンタイム」を発表しました

スクリーンタイムと呼ばれるこの機能は、ユーザーが毎日、毎週の時間を各アプリに費やし、特定のアプリの時間制限を設定できるようにします
ユーザーは、受信した通知の数とデバイスを取得した頻度を確認することもできます

Tim Cook氏は、CNNのLaurie Segallに、独占的テレビインタビューで、新しく発表されたAppleツールのデータを見て、自分の技術習慣について目覚めと語りました
Screen Time 002 z
「スクリーンタイム」は、月曜日のイベントでAppleの重要な焦点であることが証明された中心的なものでした、ユーザーは、一定のデジタル気晴しを制限し、時間管理を改善することで、デバイスとのより健康な関係を構築できます

画面を見ている時間についての詳しいレポートを見て、管理対象にするAppの制限時間を設定出来ます

親または保護者なら、子供が画面を見ている時間についての詳しいレポートを見て、App、コンテンツ、プライバシー設定について制限・解除を設けられます

スポンサーリンク


Cook氏は、次のように語っています

デバイスは、それ自体に習慣性ではありません、あなたがそれに何をするかです


各人は、彼らが何をしたいか自分の数値を取得し決定を下さなければならない

Googleはユーザーに携帯電話で時間を過ごす方法をユーザーに示す類似の機能を導入しました、Facebook CEOのMark Zuckerberg氏は、同社はニュースフィードでのウイルスビデオの数を減らすための措置をとったと語りました

Appleにとっては、ユーザーに休憩を取るよう促す心配は少ないです、FacebookとGoogleは、広告を売って大金を稼いでいます
ユーザーがサービスに費やす時間が長くなればなるほど、広告が表示される可能性が高くなります

一方、Appleは、広告ではなくデバイスを販売することで、ほとんどの収益を上げています

Cook氏は、CNNに「私たちは決して主要なパラメータとして使用に集中したことはく、我々は人々が信じられないほど満足し、私たちが出荷するデバイスによって権限を与えられることを望んでいますが、Appleはこれらのデバイスで人が長時間過ごすことを望んでいなかった」と主張しています

(Via CNN tech.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)