iOS 12、新しくNFCの機能が追加され、支払以外に安全なワイヤレスチップを拡大

iOS 12、新しくNFCの機能が追加され、支払以外に安全なワイヤレスチップを拡大

ワイヤレスチップを大幅に変更

The Informationのレポートによると、AppleはiOS 12で大きな飛躍を遂げ、一部のサードパーティー開発者はiPhone 6で初めて導入されたiPhone内のNFCチップに完全にアクセスできるようになります

Appleは、ホテルのドアのキーとしての機能や、簡単な交通手段のためのバーチャルトランジットカードの機能など、アップルペイ決済以外の非接触式のインタラクションにもiPhoneを使用したいと考えています

AppleはCoreNFCフレームワークを追加することで、iOS 11でこの道を始めました、このフレームワークは、アプリがRFIDタグの任意のスキャナとしてNFCチップを使用することを可能にします、しかし、それは非常に限られています

書き込みアクセスをサポートしていないだけでなく、現在のNFC APIの主な欠点は、アプリをフォアグラウンドにする必要があり、アプリがスキャンを開始するために特定のシステムモーダルシートを提示しなければならないことです

これは、明らかに、機能のユースケースと利便性を制限します

スポンサーリンク


特別なアプリケーションは必要ありません、iPhoneは非接触端末の近くに置かれると自動的に起動します

情報によると、Appleは既にキャンパスのセキュリティシステムを開発したHID Globalと提携して、Apple Parkでこれらの機能を誇張しているといいます、Appleの従業員はすでにiPhoneを使ってApple Parkの建物にアクセスしています

いくつかのホテルは、低エネルギーのBluetoothプロトコルを使用して、ドアキーとしてのiPhoneの簡単な「非接触」のアクティブ化を既にサポートしています、これは意図しない範囲のような問題でNFCより安全性が低い傾向があります

新しい取り決めでは、第三者が機密情報を保存するためにiPhone内部に埋め込まれた安全なエンクレーブと調整することも可能です
このような機能の採用は、iPhonesのNFCチップの普及が進んでいれば大幅に増加すると思われます

The Informationによれば、AppleはトランジットカードをiPhoneのNFC技術に置き換えることに熱意を示しているといいます、英国では、iPhoneのお客様は、非接触端末で携帯電話をタップするだけで、地下鉄ですでに移動できます
iPhone 7にはFeliCaチップが搭載されているため、日本の「Suica」でも同様の結果が得られます

これらの既存の統合はどちらも、通常のApple Payプロトコルよりも上の薄い層に依存して機能します

AppleはiOS 12とその他の主要なソフトウェアプラットフォームを来週のWWDC 2018で発表します

AppleがSDKに新しいAPIを追加して誰かが利用できるようにするのか、新しいNFC機能が選択されたパートナーのみにロックされるのかは明らかではありません

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)