過去40年間で、Appleが誤解された最悪の5つの予測

過去40年間で、Appleが誤解された最悪の5つの予測

40年ほど前から存在してる企業 Appleは信じられないほど誤解されています

数年にわたり、Appleのコアビジネスモデルは常にプレミアム価格でプレミアム製品を販売してきたにもかかわらず、Appleは長年にわたり、その製品の価格設定が高すぎると一貫して批判されてきました

そして、過去15年間のアップルは、新製品や付帯サービスの安定した流通を通じて現金を生み出すことは間違いなく可能であることを実証したにもかかわらず、同社はアナリストやハイテクオブサーバーにとって人気の高いターゲットです

間違っていたアナリストの最新の例は、先週ちょうど明らかになりました
Appleの収益報告書に先立って、Appleが生産を減らしたという投機的な報告の中で、多くのアナリストはiPhone Xの悲惨なシナリオを予測し、iPhone Xが巨大な失敗ではないとしても大きな失望であったと主張していました

Appleの収益レポートはまったく別の話を明らかにし、Tim Cook氏は、iPhoneの販売が好調だっただけでなく、3月の四半期中にiPhone Xが毎週最も人気のあるiPhoneモデルであると説明ししました

過去にも、同じようなことがありました

スポンサーリンク

1. iPhoneは失敗する

オリジナルのiPhoneで発表されたが、テクノロジー界の誰もが最初はこのデバイスに熱狂していたわけではありません

PalmのCEO、Ed Colliganは次のように述べています

私たちはここ数年間、学び、苦労して、まともな電話機を作る方法を考え出しました。 PCの人たちはこれを理解するだけではありません。 彼らはただ歩いて行くつもりはありません

Microsoft CEO のSteve Ballmer氏も

世界で最も高価な携帯電話だ、キーボードを備えていないため非常に優れた電子メールマシンではないので、企業顧客にとっては魅力的ではない。だから、私はちょっとそれを見たけれど私は私たちの戦略が大好きです

Matthew Lynn氏がBloombergで述べたのは

iPhoneは、いくつかのガジェットフリークにアピールする高級感のあるものです。 業界への影響については、iPhoneの関連性は低い…


iPhoneは防御的な製品です。 これは主に、音楽メーカーを携帯電話機に追加している携帯電話メーカーの攻撃を受けているiPodを保護するために設計されています…


Appleはファンに少数を売るだろうが、iPhoneは業界に長期的な印をつけないだろう

2. iMacにはフロッピードライブが必要

20年前の今週、Steve Jobsは、目を引く半透明の青いシェルを持つオールインワンのマシンであるオリジナルのiMacに世界を紹介しました

オリジナルのiMacデザインのより興味をそそる側面の1つは、フロッピーディスクドライブなしで出荷されたことです。デザインの決定は、当時は多少議論の余地がありました

The Boston Globeは、1998年にiMacについて次のように述べています

iMacは真の信者の一部にのみ販売されます。 iMacには、ファイルのバックアップやデータの共有を行うためのフロッピーディスクは含まれていません、それはJobsの驚くべき間違いです。 iMacは清潔でエレガントで、フロッピーフリーで消える運命にある

真実は、iMacはAppleの大ヒットでした、さらに重要なことは、Appleがテクノロジー分野の関連する重要な役割の企業になるのを助けたことです

スポンサーリンク

3. iPodは退屈で高価すぎる

iMac以上に、iPodはアップルを技術的に目立つものに復元したものです
控えめな音楽プレーヤーだが、iPodは世界が音楽を聴く方法を根本的に変える製品でした

それでも、2001年にリリースでは、アナリストの祝福はありませんでした

ティム・ディールのアナリストは

iPodの現在の価格で、厳しい消費者市場に売るという会社の能力に疑問を抱いている…明らかにAppleは家電製品をマーケティング戦略に組み込むことでソニーのリードを追い求めているが、Appleはソニー製品の豊富さに欠けている
新しい消費者プロダクトを今すぐ導入することは、特に魅力的な価格設定ができない場合は、特に危険です

4. Appleの小売店は失敗に繋がる

ハイエンドのショッピングエリアにアップルの小売店を展開するSteve Jobsの決定は、間違いなく彼が今までに作成した最も賢明な決定の1つです

特に、Apple製品が後ろの棚に移動させられた時、Appleが全ショッピング体験を完全にコントロールしていれば、Apple製品が前面に表示される唯一の方法となるだろうとJobsは認識していました

今日、世界中の何百ものAppleストアがあります。 さらに、Appleの小売店舗は本質的にお金を稼ぐ機械であり、現在はよりも1坪当たりの収益は大きくなっています

それでも、Appleが小売店を建設するために多額の現金を費やしたという考えは当時は哀れむべき意思決定と見なされていました

スポンサーリンク

5. Steve JobsとNeXTはAppleを救うことはできない

90年代後半にAppleは破産の危機に瀕したことを知り、1996年後半にNeXTを買収して、既存のオペレーティングシステムの目立った欠点に取り組みました

しかし、その当時の一般的な認識は、買収がAppleの継続的な事業に大きな影響を与えるものではないと見られていました

Microsoft CTOのNathan Myhrvold氏は当時に次のように述べています

NeXTの購入はあまりにも遅すぎた。 Appleはすでに死んでいる

(Via BGR.)


1990年からApple製品を使い続けているので、これらのことを見てきました

これからもAppleには、予測し得ないような素敵なプロダクトを生み出して欲しいと思います


では、では・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)