Apple、Appleマップを改善するためにドローンを使用、ただしプライバシーの優先度は従来のまま

Apple、Appleマップを改善するためにドローンを使用、ただしプライバシーの優先度は従来のまま

Appleは現在のFAA制限を超えて無人機の使用をテストする政府の許可を申請したと説明し、Appleは公式にこれらの計画についてコメントしています

2016年のレポートによると、アップルはApple Mapsのデータを収集するために無人機を使用する予定だと報告しました、しかし同社によると、プライバシーに関する姿勢はドローンの使用を通じて同じになるといいます

ロイター通信への声明で、Appleは人々のプライバシーを守ることを約束し、無人機の画像を公開する前に、あらゆる顔やナンバープレートをぼかすと説明しています

さらに、ノースカロライナ州では、Appleが無人機パイロットテストプログラムを開始するための落札に含まれていることが確認されました、Appleはこれをさらに強調して、ノースカロライナ州のドローンテストを使用して、空中像でアップルマップを改善すると述べています
AppleMap0510 001

スポンサーリンク


ノースカロライナ州運輸省のスポークスマンは、Apple Incがパートナーの一人であるとし、Appleは航空写真を撮影してApple Mapsを改善するためにテストプログラムを使用する予定だと語っています

空中映像を無人でキャプチャすることで、Appleは理論上、不一致やその他のApple Mapsのデータに影響する要因を簡単に発見することができます

最終的にアップル社の無人機のテストが見られるようになりましたが、この初期テストが成功すれば、アップル社のマップを改善するために、ドローンを使用して米国のすべてに展開するようです

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!

 







関連記事

スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)