Apple、2020年にAR/VRヘッドセットリリース予定

Apple、2020年にAR/VRヘッドセットリリース予定

「Apple CEOのTim Cookは、拡張現実感を称賛するだけで、iPhoneと同じくらい重要な技術だと言っている」とhara Tibken氏はCNETに報告しています

それぞれの目に8Kのディスプレイ

同氏は、「Appleの計画に精通している人によると、同社は、ARとVR技術の両方を実行できるヘッドセットに取り組んでいる、これまでの計画では、コンピュータやスマートフォンから開放された、今日の最高のテレビよりも高い解像度で、それぞれの目に8Kのディスプレイを必要としていると言う人がいる」と述べています

コードネームT288のこのプロジェクトはまだ初期段階ですが、2020年にリリース予定です、ただしAppleはまだ計画を変更したり廃止したりする可能性があります

昨年、iPhoneとiPadで拡張現実感を強めることに焦点を当てて、ARとVRの両方を組み合わせたヘッドセットに取り組んでいることは注目に値する。クック氏は、VRよりもARの方が大きな可能性を見ていると述べています

いずれにしても、Appleにとって、iPhone、現在のトップマネージャー、およびモバイル市場の低迷を超えて拡大することは不可欠です

Appleのヘッドセットは、同社の計画に精通している人によれば、高速、近距離無線技術を使用して専用のボックスに接続することになります

現在利用可能なものより強力なカスタムAppleプロセッサを搭載したこのボックスは、AR / VRヘッドセットの頭脳として機能します
現在の状態では、ボックスはPCタワーに似ていますが、実際のMacコンピュータではありません

スポンサーリンク

AppleのAR / VR可能性

VRとARは、今日の新興市場が今後数年間で爆発すると予想されています、秘密のマジックリープのような企業は、数十億ではないにしても数百万ドルを開発に投入しており、フォーマットが世界の見方を変えると約束しています

AppleはARとVRを公にしていませんが、舞台裏で働いています。それはだ幹部を雇って、新興企業を買収しただけでなく、両方の技術に関連する特許を申請しました

今月初めに行われた1つの特許出願は、乗り物の乗客の乗り物酔いや退屈を軽減するために VRを使用することを目指しています

Bloombergは、Appleが2019年にARヘッドセットの準備を進め、2020年に出荷することを目指すと昨年11月に報告しています

同報告では、デバイスは独自のディスプレイを搭載し、新しいチップとオペレーティングシステムで動作するだろうと述べていす

画像元:MacRumors
(Via CNET.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)