WWDCが近づくにつれ、AppleはmacOS 10.14とiOS 12のテストを開始

WWDCが近づくにつれ、AppleはmacOS 10.14とiOS 12のテストを開始

次期OS

数年前と比べると、今年の主要なアップルのオペレーティングシステムでは、新機能がそれほど多くないかもしれませんが、iOS 12やMacOS 10.14が活発に開発されており、内部のApple社員の間で流通していることは間違いありません

私たちのウェブサイトアナリティクスは、iOS 12やMacOS 10.14マシンからのSafariブラウザー訪問で顕著な増加を記録し、特に今週だけ大きく急上昇しました

アップルのエンジニアは、プレリリースのファームウェアとオペレーティングシステムを実行しているデバイスを使用して、サイトにアクセスして内部のシードをテストするのが普通の方法です

今年は、iOS 12、macOS 10.14、watchOS 5、tvOS 12が登場する予定です、watchOSやtvOSにはブラウザーがないため、外部ユーザーとして参照するのはずっと難しくなります

iOS 12とmacOS 10.14は、毎年の伝統に沿って分析に反映されています、iOS 12の使用は、主に5.8インチのiPhone Xの画面解像度から、続いてiPadの画面解像度で行われます
これらのデバイスは、主にクパチーノ、サンフランシスコ、ベイエリアに位置しています
WWDC20180419 001

スポンサーリンク


WWDCの基調講演後に開発者にリリースされるシードであるiOS 12の最初のベータ1は、通常、「完了」され、5月中旬に内部で凍結されるということです

今年のmacOSの大きなニュースは、開発者がiOSアプリケーションをMacプラットフォームに持ち込むのを助けるための、何らかのクロスプラットフォームのフレームワークであると報告されています

iOS 12はパフォーマンスと信頼性に重​​点を置くと期待されています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)