サウジアラビア皇太子、教育とアプリケーション開発ついて議論するために、Apple ParkでTim Cookと会談

サウジアラビア皇太子、教育とアプリケーション開発ついて議論するために、Apple ParkでTim Cookと会談

サウジアラビアのモハメド・ビン・サルマン皇太子は、アプリ開発、教育、およびその他のパートナーシップの機会について議論するため、Apple Parkで、土曜日にTim CookなどのAppleの幹部と会談しました

サウジアラビア王子とその関係者にとって、訪問はVirginの創設者であるRichard Branson、Googleの共同設立者Sergey BrinとCEO Sundar Pichai、Magic Leapの創設者Rony Abovitzを訪れる弾丸ツアーの一部でした

プレスリリースによると、Appleの役員との話し合いの目的は、「教室でアラビア語の教育コンテンツを充実させる」ための技術的解決策と、サウジアラビアの学校の教育カリキュラムの作成について話すことで、この会合では、Appleの本部で訓練を受けたサウジの青少年の雇用機会の創出についても触れました

このテーマは、先月シカゴで開催されたシカゴでの教育に関するAppleの最近の焦点とほぼ一致しています
Apple Pencilのサポートを受けて、最も手頃な価格のiPadと一緒にEveryone Can Createカリキュラムを発表しました

スポンサーリンク


会議の後、公式代表団のメンバーは、Steve Jobs Theaterを訪れてAppleの「現代の音声アプリケーション」について学ぶ前に、健康とマーケティングの分野でのAppleの仕事に関する技術主導のプレゼンテーションを受けました

Appleはサウジアラビアとの間で、2019年に初めて国内の直営小売店舗をオープンする予定があることが知られています

画像元:MacRumors
(Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)