Apple、2018年MacBook 13インチモデルは2種類のディスプレイの可能性

Apple、2018年MacBook 13インチモデルは2種類のディスプレイの可能性

新しいRetina MacBook

IHSのアナリストによると、中国のサプライチェーンの話から、Appleは新しいRetina MacBookをリリースする可能性があるとしています

IHS Markitのアナリスト、Rhoda Alexander氏は、IHSが、13.3インチのRetinaクラスのディスプレイパネルをAppleの開発に見ていると言いました

どちらも13.3インチのパネルで、解像度は2,560 x 1,600(別名Retina)ですが、異なる技術を使用しています

一つは、酸化物系(Oxide)であり、他方はa-Siまたはアモルファスシリコンです、a-Siを使用するディスプレイは、ラップトップで一般的に使用されます

酸化物系(Oxide)はラップトップの新しいテクノロジーですが、シャープが使用する技術であるIGZOと呼ばれることもあります
Alexander氏は、使用されている特定の酸化物技術のコメントはしていません

「計画されている13.3型パネルの生産に基づく、2つの新しい13.3型ユニット酸化膜パネルの導入は、ほぼ新しい13.3型MacBook Pro製品へ導入される」とAlexander氏は述べています

Alexander氏は、、第3四半期に生産を開始する予定だとも述べています

調査の結果、第3四半期まではパネル生産が開始されないことがわかったが、6月の発売は可能だが、コンポーネントの受注は現時点ではそうではないようだ

スポンサーリンク


MacBook13 001
先週のDigitimesからのレポートでは、安価な「エントリーレベル」のRetina MacBookに、a-Siディスプレイを手に入れたことが指摘されていました
新しいAppleノートPCのa-Siディスプレイパネルは、Appleの13.3型MacBook Proと同じ解像度を2,560 x 1,600としています、LG Displayは、5月または6月の初めに新しいMacBookを量産開始する予定で、4月にパネルの供給を開始すると、Digitimesは伝えています

安価なMacBook Airが上記の計画の一部であるかどうかは明らかではありません

KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は今月、2018年第2四半期にAppleが新しいMacBook Airを低価格で提供することを期待していると述べたが、詳細は述べませんでした

(Via Forbes.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)