Apple、2018年第2四半期に低価格のMacBook Airを計画か

Apple、2018年第2四半期に低価格のMacBook Airを計画か

KGI証券のMing-Chi Kuo氏が収集したサプライチェーンの報告によると、AppleはMacBook Airラインを放棄しておらず、2018年第2四半期のある時点で、最低価格でラインを更新する予定です

MacBook Air

KGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏は、噂の6.1型LCDのiPhone、AirPod、「手ごろな価格のMacBook Air」という3つの製品について、投資家が3つの製品に注目するよう新しい調査報告書を発行しました

このリストの最初の2つは、ここ数週間と数か月で幅広く議論されていますが、これはMacBook Airのアップデートに関する最初の話です

Apple(米国)が2018年第2四半期に新しいMacBook Airを低価格プライスで展開することを期待しています
MacBookモデルの出荷台数は、2017年と比較し2018年に10-15%(NB業界では0~5%減)増加し、1,550~1,600万台に増加すると予測しています

スポンサーリンク


Kuo氏は、低価格のプライスでアップデートされたMacBook Airで何を期待するかについて詳しくは述べていないが、現在のモデルは3年以内に実質的なアップデートがなされていないため、時代遅れになっています

プロセッサーやグラフィックスなどの明らかな内部アップグレード以外にも、MacBook Airは現在1440 x 900の非網膜ディスプレイを提供しているため、改善が見られる別の領域がディスプレイです
USB-C / Thunderbolt 3のアップグレードや、現在のデザインの時代を考慮して全体的な再設計が行われる可能性もあります

Kuo氏が言う第2四半期の発表は、6月のWWDCでの発表を意味する可能性がある4月から6月の期間を指しており、時期がが近づくにつれてより多くの噂が聞かれるようになるでしょう

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)