Siriのクリエイターは、AppleのSiriがまだできないことに驚いているのか?

Siriのクリエイターは、AppleのSiriがまだできないことに驚いているのか?

Norman Winarsky氏は現在、すべてのiPhoneに搭載されている音声起動のパーソナルアシスタントであるSiriの誕生時に出席していました、当初はSRIインターナショナルのプロジェクトであり、Siriは自らの創業者としてスピンオフし、2010年2月に発売されてからわずか2カ月後にAppleによって買収されました

2011年、SiriがiPhone 4Sで大いに期待していた紹介の前夜に、Winarsky氏は、Appleが彼が手助けした技術を使って「何を計画しているのか分からないがAppleがSiriを使って別の革命を始めると信じている」と言いました

その立ち上げ後7年、Siri はまだ時に話されている要求につまずくと、それがあなたについて知っておくべき多くのことを統合するための有用な応答に苦労します、Siriは最も人気のあるAIアシスタントのままですが、使用は減少しています

最近のQuartzとのインタビューで、Winarsky氏は「AIの現在の能力は、いくつかの重要な点でアシスタントに関する彼の初期の予測していた処まで到達していません」と言っています

スポンサーリンク


Siriはアラームを設定したり、天気をチェックしたり、あなたのためのテキストやその他の比較的世俗的な仕事を送るのに最適です
しかし、それはユーザーの好みと過去の歴史を完全に理解しておらずその予測状況は限られています

その初期の日から大幅に改善していますが、Siriはまだ輝くような話し上手ではありません、「今のところ驚きと喜びには欠けています」と 現在はコンサルタントとベンチャーキャピタリストのWinarsky氏は述べました

しかし、Appleが創業者が想像していた方向とは全く異なる方向にSiriを採用することを選択したため、その可能性があります

Winarsky氏は、Siriは旅行やエンターテインメントのコンシェルジュとして具体的に立ち上げようとしていたと語った

例えば、空港に到着しキャンセルされたフライトを発見た場合、Siriは携帯電話をポケットから引き出した時点で既に別のルートを探していて、どれも利用できなかった場合はホテルを予約する準備をする

「Appleはあなたの人生のあらゆる面であなたを助ける助手としてSiriを立ち上げました、それは必然的に完璧化に時間がかかる大きな課題でした」とWinarsky氏は言いました

Winarsky氏は、「これは難しい問題であり、最大10億人に対処する企業の場合、問題はさらに難しくなる」「彼らはおそらく、彼らが得ることができないレベルの完成度を望んでいるのです」と言いました

(Via Quartz.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)