Apple、開発中のオーバーイヤホンヘッドフォンが課題に直面し、遅れる可能性も

Apple、開発中のオーバーイヤホンヘッドフォンが課題に直面し、遅れる可能性も

リリースを遅らせる可能性も

Appleが開発中と言われる、BoseのヘッドセットやBeatsブランドに匹敵するノイズキャンセリング、オーバーイヤホンヘッドフォンが、課題に直面しているために今年末リリース予定から遅らせる可能性があると言います

Appleのヘッドセットで作業するチームが直面している問題は、製品の複数の再設計を含むHomePodで作業していたチームが直面していたものに似ていて、ある情報筋によると発売前にAppleがヘッドフォンを再設計する可能性があるという

Appleは、オーバーイヤホンヘッドフォンを使ってハイエンドの市場をターゲットにしていて、これは349ドルのHpmePodでも同様のアプローチです
AirPodのように、ヘッドフォンは簡単なワイヤレスペアリングプロセスも備えています

オーバーイヤホンヘッドフォンが噂されているリリースまで10ヶ月近くあることを考えると、正式リリースまでに大きな変更があるでしょう、このオーバーイヤホンヘッドフォンの背景にある動機付けの要因はリリース後1年半経過しても売れ続けているAirPodsの成功のようです

スポンサーリンク


Appleブランドのヘッドフォンは、Beatsのヘッドフォンを混乱させるように見えるが、Beatsは、おそらく新製品と直接競合しない低価格のワイヤレスヘッドフォンも販売するでしょう

価格は新しいAppleヘッドフォンの鍵となるものと思われます
HomePodの価格は、Sonosの主な音声対応の競争よりも100ドル以上高く、Amazon Echoよりも200ドル高いが、競合するGoogle Home Maxよりも50ドル安い

BeatsとBoseの両方ともハイエンドのワイヤレスヘッドフォンで350ドル、Sennheiserの価格は100ドルから500ドルです

TechInsightsによれば、349ドルのHomePodのAppleの原価は216ドルで、一般的なAppleのハードウェア製品よりも利益率が低くなっています
AirPodは、珍しいデザイントリックを組み立てて使用するのが難しく、製造コストがかかります

Appleのオーバーイヤホンヘッドフォンは、同様のオーディオ技術を使用している可能性が高いため、コストが上昇する可能性があります

画像元:The Apple Post
(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)