iPhone Xの生産カットの噂を無視する、Appleは3月四半期で4,000万台を売るつもりはなかった

iPhone Xの生産カットの噂を無視する、Appleは3月四半期で4,000万台を売るつもりはなかった

現実的な生産数ではなかった

Nikkei Asian Reviewは、1月29日と2月20日に、Appleが3月期のiPhone Xの生産を4,000万から2,000万台に「大幅に削減」したと書きました
これにより、iPhoneの3月期の需要は、通常よりも12月四半期よりも減少し、iPhone Xの売上は失望しました

この数値をもとに、前回の3月期の新製品と比較すると、2,000万台のiPhone Xが歴史的な結果と適正規模に並んでいることがわかります

1月29日の記事は、Appleの株価が 171.51ドルから 167.96ドルまで3ドル下落する要因となりました

同社の3月四半期のガイダンスは、数日後、iPhoneのスーパーサイクルの期待は依然として続いていが、12月期の業績が発表された日の終値は160.50ドルに下がっり、助けにななりませんでした
金曜日の株式は176.21ドルで取引を終え、すべてのマイナス面を回復しています

3,000万台の他のiPhoneの生産が見落とされた

Nikkei Asian Reviewの1月29日の記事によると、

Appleは1月から3月のiPhone Xの生産目標を、11月のリリース時に想定された4,000万台以上から半減させる。 Appleは、第1四半期の生産目標を約2,000万台に削減することを決定したとサプライヤーに通知した

同じ記事の最後には、「Appleは、iPhone 8と8 Plusのような低価格モデルのために3,000万ユニットの総生産目標を維持することが期待されている」と発表しています
合計で5,000万台は 12月期のiPhone販売台数は7,730万台だったので35%の減少となります

過去2年間の減少はそれぞれ、32%と35%であり、したがって35%の減少は流れから外れてはいません

スポンサーリンク

iPhone 8の発売は投資家が「忘れている」と思われる

CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)は、iPhone 8および8 Plusが12月期の米国のiPhone売上高の24%および17%を占めると見積もっています

41%で、それらはiPhone Xの20%のCIRPの推定値の倍数でした
また、iPhone 7と7 Plusよりも若干高い平均販売価格(ASP)があり、iPhoneのASPを696ドルから797ドルに増やすことができました

Appleが3月期に何を期待しているか

Appleは詳細なiPhoneのガイダンスは提供していませんが、これまでのシーズンの収益、さまざまな製品ラインに対するユニットとASPの変更があるため、推定できます

様々な計算をすると、Appleは3月期に約5,300万台のiPhoneを販売する予定です、これはアナリストがスーパーサイクルで予測していたものよりも低いですが、これは過去3年間の過去の減少と一致しています

過去3年間の3月期の見積りと、最新のiPhoneのユニット販売台数

  • 2015年3月四半期:4モデル(5c、5s、6&6 Plus)
    • iPhone 6: 56%
    • iPhone 6 Plus: 22%
    • Total: 78%
  • 2016年3月の四半期:5モデル(5、6、6プラス、6&6プラス)
    • iPhone 6s: 43%
    • iPhone 6s Plus: 28%
    • Total: 71%
  • 2017年3月期:5モデル(SE、6s、6s Plus、7&7s Plus)
    • iPhone 7: 35%
    • iPhone 7 Plus: 33%
    • Total: 68%

CRIP iPhone 001
CIRPは、iPhoneの米国12月期の売上の20%をiPhone Xが占めていると見積もっています
Appleが3月の四半期に2,000万台のiPhoneを販売すると、5,000万台のiPhoneが販売されていると仮定すると、総販売台数の40%になります

これをiPhone 8と8 Plusの3,000万台と組み合わせると、ユニット販売の100%になります。 これは、第4四半期の4,000万のXが決して現実的な生産数ではなかったことを示す別の指標です

  • 2017年12月の四半期:8モデル(SE、6s、6s Plus、7,7s Plus、8,8 Plus&X)
    • iPhone 8: 24%
    • iPhone 8 Plus: 17%
    • iPhone X: 20%
    • Total: 61%

CRIP iPhone 002

スポンサーリンク

結論

3月の四半期に4,000万台のiPhone Xが必要になるかもしれないと発注すると、通常販売するよりも多くのiPhoneを販売することになるでしょう

要するに、iPhone Xは3月の四半期に4,000万台のiPhone Xを販売することは決してなく、2,000万台は歴史的な傾向にほぼ沿っているということです

画像元:CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)
(Via Forbes.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)