Apple、ソフトウェア品質に注力するためにiOSとmacOSの新しい機能を遅らせる

Apple、ソフトウェア品質に注力するためにiOSとmacOSの新しい機能を遅らせる

ソフトウェア品質

Bloomberg NewsのMark Gurmanによると、Appleの報告によると、来年までにiOS 12向けに予定されている機能の一部を遅らせる予定をmacOSにも拡大すると報告しています

Gurman氏の記事によると、Appleのソフトウェアエンジニアリング責任者、Craig Federighiが、今月初めの従業員との会合で改訂された計画を明らかにしたと、AxiosのIna Fried氏が報告した以前の報告書を裏付けている

戦略の移行はmacOSにも拡大しているようだが、watchOSやtvOSの開発サイクルには影響しないと伝えられています

同社は今月の変更についてソフトウェアエンジニアリンググループに語った
この変更は今年のMacコンピュータソフトウェアのアップデートにも影響するが、Apple WatchやApple TVソフトウェアへのアップグレードは影響を受けないだろう
現在のソフトウェアプラットフォームの品質に重点を置くAppleの計画は、おそらくバグ修正、性能向上、およびオペレーティングシステムの一般的な安定性に重点を置くことになります

スポンサーリンク


戦略のシフトは、macOS High Sierraバージョン10.13.1で空のパスワードを使ってrootのスーパーユーザーアカウントにアクセスできる主要なセキュリティ脆弱性を含む、Appleのいくつかの厄介な問題に続くものです
Appleはセキュリティアップデートの重要なバグを速やかに修正しました

わずか数週間後、MacRumorsはmacOS High Sierraバージョン10.13.2のセキュリティ上の欠陥を警告し、システム環境設定のApp Storeメニューをパスワードでロック解除することができました
このバグはそれほど深刻ではありませんでしたが、明らかに不可能であるべきシステム動作でした

この報告書によると、Appleは2015年にiOS 9のリリースや近年のmacOSアップデートなどで同様の戦略をとっており、Appleがソフトウェアの完成度を倍増させるのは初めてではありません

この報告書はまた、AppleがiOS 12のホームスクリーン上に再設計されたアプリアイコンのグリッドを計画していたことを裏付けているが、その変更は写真管理機能と一緒に2019年に延期されました
拡張現実ゲームのためのマルチプレイヤーモードも、何時になるか不明です

Gurman氏は、2018年に公開されるPhotosアプリの一部の改良はまだ予定しています、またヘルスアプリとペアレンタルコントロールの機能向上については、今年のリリース予定です

(Via MacRumors , Bloomberg)


新機能も楽しみは在りますが、それ以上にユーザーにとってはソフトウェア品質の安定性は長期的に見ると最も大切なことだと思いますので、歓迎したいです


では、では・・・











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)