バンク・オブ・アメリカは、Appleの市場価値が1.1兆ドルに急上昇すると予測している

バンク・オブ・アメリカは、Appleの市場価値が1.1兆ドルに急上昇すると予測している

初の1兆ドル超え

Tae Kim氏はCNBCで、「あるウォールストリート・ファームによると、今年は税制改革のためにAppleの株式が繁盛するだろう」と述べています

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは、買収格付けを再確認し、金曜日の終値を25%上回り、Apple株に対する180ドルから220ドルに引き上げました
また、Appleを対象とする大手投資銀行の中でも最も高い目標となっていて、220ドルの予測は、同社の市場価値が1兆1,000億ドルとなります

アナリストのWamsi Mohan氏は、「現金送金の可能性、税率の引き下げ、2019年にかけての見通し見直しの可能性については引き続き好調である」と述べ
また「ブームバストのないiPhoneのサイクルがスムーズになると、収益の安定性を高め、より高い倍数になる」と語っています

Mohanは、Appleが海外の現金で2,530億ドルを持っていると指摘した。同氏は、税制改革法案の新15.5%の税率で米国に送金される資金は2360億ドルと推定しています

スポンサーリンク


Kim氏は、「Drexel Hamiltonだけが235ドルでAppleの価格目標を高くしている」と報告していいます

一方、Longbow Researchは、2018年度に予想していたよりも少ないiPhoneを出荷すると予想しているため、水曜日のApple株の格付けを中立に下げました

(Via CNBC.)


同日、Appleの株式が2.93ドル(1.66%)高の179.12ドルとなりました、Appleの前回の終値最高は2018年1月12日に177.09ドルでした
AAPL20180117 001
AAPLの日中最高値は2018年1月16日に設定された$ 179.38です


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)