トムソン・ロイター、世界のトップ100テクノロジー企業を発表、Appleは6位

トムソン・ロイター、世界のトップ100テクノロジー企業を発表、Appleは6位

トムソン・ロイターは2018年1月17日、業界で最も健全で財務的に成功した組織を特定するプログラム「Top 100 Global Technology Leaders」を発表しました

今日の大手ハイテク企業の業界初の総合評価では、今日の複雑なビジネス環境で将来の不屈の精神を持って組織を客観的に特定するために28データポイントアルゴリズムを利用しています

この方法論は、財務、経営と投資家の信頼、リスクとレジリアンス、法令遵守、革新、人と社会の責任、環境への影響、評判の8つの柱でパフォーマンスを測定します
特許申請中のアプローチはThomson Reuters Labsによって開発されました

トムソン・ロイター Technology Practice Groupのグローバル・マネージング・ディレクター、Alex Paladino氏は次のように述べています

技術企業は、競争、規制、法律、財務、サプライチェーンなどのビジネス上の課題に直面している反りの速さで動作しています

トップ100のグローバル・テクノロジー・リーダーによって、21世紀のテクノロジ業界のリーダーシップを具現化するユニークなデータポイントを特定しました、リストを作ってくれた企業におめでとう

世界有数の技術組織

  • トムソン・ロイターのビジネス分類にハイテク部門を構成する5,000を超える他のテクノロジー企業の宇宙を輝かせます
  • Nasdaq、S&P500およびMSCI世界の株価は前年比3.91%、4.04%および7.1%上回っている
  • 研究開発投資、従業員比率の変化、収益の変化率など、グローバル・インデックスを他の要因で上回る
  • 米国に本部を置くのは45%です、日本と台湾は次の最も多岐にわたる地域であり、それぞれトップ100のハイテク企業13社
  • Alphabet、Amazon、Apple、Microsoftと言った先導企業と同様に、HPE、Nvidia、Symantec、VMwareなどの新しいハイテク参入企業も含みます

スポンサーリンク

世界のトップ100テクノロジー企業のトップ10

  1. Microsoft:US
  2. Intel:US
  3. Cisco:US
  4. IBM:US
  5. Alphabet:US
  6. Apple:US
  7. Taiwan Semiconductor Manufacturing:Taiwan
  8. SAP:Germany
  9. Texas Instruments:US
  10. Accenture:Ireland

(Via Thomson Reuters.)


日本からは「アドバンテスト」「キヤノン」「富士フイルム」「株式会社フジクラ」「富士通株式会社」「NEC」「沖電気工業株式会社」「ルネサスエレクトロニクス株式会社」「ローム」「セイコーエプソン株式会社」「シャープ株式会社」「SONY」「東京エレクトロン」の以上13社が選出されています


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)