Apple、「Appleは米国の投資と雇用創出を加速」と発表

Apple、「Appleは米国の投資と雇用創出を加速」と発表

今後5年間で米国経済に3,500億ドルの貢献

Appleは本日、米国経済とその労働力を支援するというコミットメントを構築するための新たな投資を発表しました

これは、Appleの直接雇用、Appleの国内サプライヤーとメーカー、そしてiPhoneとApp StoreでAppleが作り出した急速な成長を遂げているアプリケーションの経済を促進しています
Appleは、すでに米国で200万人以上の雇用を創出し、支援する責任を負っており、本日発表された取り組みの結果、より多くの雇用を創出することを期待しています

新しい投資とAppleの現在の消費ペースを国内のサプライヤーや製造業者と組み合わせると(2018年には550億ドルと見積もられる)、米国経済への直接的な貢献は、Appleの継続的な納税額を除いて今後5年間で3,500億ドル以上になる

スポンサーリンク


Apple accelerates 002
米国における計画された設備投資、5年間にわたるアメリカの製造業への投資、海外利益の本国への帰国時の記録的な納税額は、Appleの直接的貢献額のうち約750億ドルを占めます

AppleのCEOであるTim Cook氏は、

Appleは、アメリカで出来る成功の物語であり、我々は米国経済のためのサポートの私達の長い歴史の上に構築することを誇りに思う


アメリカの創意工夫の力を深く信じ、雇用創出や仕事への備えに直接的な影響を与えうる分野への投資を重点的に行っています
我々は、我々の国と私たちの成功を可能にするために役立つ人々に恩返しする責任の深い意味を持っている

Appleはすでに米国最大の納税者です、税法の最近の変更により必要とされる約380億ドルの送還税の支払いを見込んでいます
その値の支払いは、おそらくこれまでに作られたその種の中で最大のものになります

(Via Apple.)


今回発表されたNewsroomでの「Apple accelerates US investment and job creation」では、「成長するAppleの米国事業」「Appleの国内サプライヤーと製造パートナーへの投資」「学生への経済的支援」についても触れています


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)