Appleの最新の買収は、iPhoneで低照度でより良い写真を可能に

Appleの最新の買収は、iPhoneで低照度でより良い写真を可能に

AppleはInvisage Technologies社を買収

契約条件は明らかにされていませんが、AppleはInvisage Technologies社を買収しました

Invisage Technologies社は、最適化されていない照明環境でイメージングを強化する企業であるとTechCrunchが報告しています

同社はウェブサイト上で、社内で開発したQuantumFilm素材を小型カメラモジュールに使用することで、これまでより多くの光を取り込むことができると説明しています

従来のイメージセンサ、特に今日のスマートフォンで使用されるイメージセンサは、低照度で良好な画像を生成するために苦労し、比較的限られた波長範囲に敏感です。InVisageのQuantumFilmは、かつてない精度で、かつ根本的に新しい方法で体験を取り込みます。


QuantumFilmピクセルでは、光はカラーフィルターアレイを通過し、QuantumFilmレイヤーの量子ドットによって検出されます。金属配線はセンサの電気回路を表します。感光層の配置が高ければ高いほど、QuantumFilmピクセルはより多くの光子を検出し、より多くの電子(したがってより多くの写真情報)を格納し、より正確な色をより正確に再現することができます

スポンサーリンク


Appleは買収についてコメントしていないし、InVisageチームが新しい掘り出し物で何を処理するのかについても特定していないが、同社の技術が将来のiPhoneカメラに組み入れられると想定されるのはまちがいありません

優れた携帯電話のカメラを作ることの主要な挑戦の1つは装置内の限られたスペースを取扱っていると言うことです
大きいスクリーン、プロセッサー、アンテナおよび電池を配置すると残る多くの余地はありませんが、センサーによりより良い写真を生成すことが出来ます

InVisageは、QuantumFilmセンサー材料は、「10倍薄い層のシリコンと同じ光量を吸収する」と述べています

これは、Appleが将来的に小型のカメラシステムを開発するのに役立ちます
バッテリーがこれまで以上に小型化できない時、ハードウェアメーカーが最もよいスマートフォンを生み出しライバルを打ち負かすためには必要な革新の一つです

(Via The Next Web.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)