Apple、世界中の学生にEveryone Can Codeイニシアチブを開く

Apple、世界中の学生にEveryone Can Codeイニシアチブを開く

Appleは本日、米国外の20以上の大学にEveryone Can Codeイニシアチブをグローバルに展開すると発表しました

Everyone Can Codeイニシアチブ

これらの学校では、アップルのエンジニアや教育者が設計した1年間のコースであるSwift CurriculumによるApp Developmentを提供し、あらゆるレベルや背景の学生にコーディングやアプリデザインを教える予定です

世界中の数十万人の学生がSwiftプログラミング言語に堪能で、急成長を遂げるアプリケーション経済でキャリアを追求するために必要な基本スキルを身につける機会を得ています

オーストラリア最大の高等教育機関であるRMIT大学は、これまでのスウィフトカリキュラムを用いたApp Developmentの世界的な展開のうちの1つです

今月からRMITは、デジタルリテラシーを向上させる取り組みの一環として、RMIT Onlineを通じた迅速なカリキュラムによるApp Developmentを提供し、キャンパスで新しい職業訓練コースを教えます

スポンサーリンク

RMITは今年、デンマークのMercantec、オランダのHogeschool van Arnhem en Nijmegen、ニュージーランドのUnitec Institute of Technology、英国のPlymouth大学を含む、今年の学生にカリキュラムを提供している20以上の国際大学に加わりました

RMIT大学の副学長兼社長であるMartin Bean CBEは次のように述べています

SwiftによるApp Developmentは、RMITの学生が創造性と起業家精神を活用して21世紀の人材の成功に備えるための重要な役割を果たします
「これはオーストラリア人が将来の仕事に必要とするスキルの一種であり、この重要なカリキュラムを提供するためにAppleと協力することに喜んでいる

画像元:Apple
(Via Apple Newsroom.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)