Apple、「Face ID」や次世代Apple PencilをサポートしたiPad Proの再設計を予定

Apple、「Face ID」や次世代Apple PencilをサポートしたiPad Proの再設計を予定

iPad Proを再設計

Appleは2018年の早い時期に、より細身のエッジや顔認識などの主要なiPhone Xの機能を組み込んだ、再設計されたハイエンドのiPadに取り組んでいると言います

しかし、新しいバージョンには、より鮮やかな色とシャープな明瞭さを提供するOLEDスクリーンを搭載する可能性は低いと言い、製品開発について話しているとは言わないように頼んだ

少なくとも1つの新しいiPadは10.5インチのiPad Proに似た画面サイズで、デバイスのロックを解除し、支払いを行い、アニメーション絵文字を送信するための「Face ID」を含む予定です

この機能は、2014年以来指紋スキャナが付属しているiPadのホームボタンを置き換えるものだと言います

アップデートされたタブレットは、来年後半にリリースされる予定で、最後の主要なiPad Proのアップグレードから1年強の経過となります

Appleは、ホームボタンを削除することで、2010年に導入されて以来初めてデバイスの上部と下部にあるエッジのサイズを大幅に縮小し、最近リリースされた主力「iPhone X」のデザインに近づける予定です

新しいバージョンは、2015年に最初のiPad Proがデビューして以来、iPadの最初の改良された外観となります

スポンサーリンク


Appleのサプライチェーンに精通している人によると、OLEDスクリーンはより正確に色を再現するが、標準的な液晶ディスプレイよりも大量に生産することがより困難なために、来年にiPadsがOLEDディスプレイに切り替えることはないと述べています

次のiPadに登場する「iPhone X」の主な新機能である「Face ID」は、ユーザーがパスワードや指紋ではなく、顔や目線でデバイスのロックを解除できるようにします

初期のレセプションでは、支払いの認証と、ユーザーの顔の動きやスピーチに基づくアニメーションの絵文字であるAnimojisの送信が可能になりました

新しいiPadには「iPhone X」と同様に、より速いプロセッサとカスタムのAppleグラフィックス処理ユニットが搭載される予定です
Appleはまた、スタイラスを使用するための「Apple Pencil」と新しいソフトウェアツールの新しいバージョンを用意していると予想されています

(Via Bloomberg.)











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)