UBSは、Appleの次世代iPhoneの需要が急増していると見ています

UBSは、Appleの次世代iPhoneの需要が急増していると見ています

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

スーパーサイクル

UBSは、12月の目標価格170ドルで、Appleの買収評価を再確認していると発表しました

同銀行は、2015年度に販売されたiPhone 6からのアップグレードが予定されているため、今後のiPhone 8の売上が巨大になる可能性があると考えています

UBSは、iPhone 6の所有者が急増して来年のアップグレードが見込まれ、販売を「スーパーサイクル」にする可能性があると予想していると語っています

UBSは、iPhone 8が「おそらく11月」まで遅れる可能性があるという噂を語っています

同社はまた、Appleの古いiPhoneが9月に出荷され、価格が100ドル引き下げられるかどうかについても疑問を投げかけて、アナリストのコンセンサスは、第3四半期の収益450億ドルと約4,000万台のiPhoneを平均販売価格625ドルで予測しています


スポンサーリンク




U19のアナリスト、スティーブン・ミルノビッチ氏は次のように述べました

9月の売上高見通しが490億~510億ドルになると予想している

Haselton氏は次のように報告しています

499億ドル以下のガイドは、LCDモデルの後期リリースや価格の引き下げを意味するだろう

(Via CNBC.)


結局のところ、投資家はiPhone 8が遅れているかどうかは気にしていないと言うことなのでしょうね


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)