Appleの「iOS 11」は、IoTの未来を切り開く

Appleの「iOS 11」は、IoTの未来を切り開く

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

NFCサポートを開始

Appleは、iOS 11の開発者向けのNFC(Near Field Communication)サポートを開始する動きで、Internet of Things (IoT)の誕生時に最も重要な瞬間を迎えました

ヒルトンホテルの、スマートフォンをベースとしたロック解除システムは、現在米国で1,700のホテルで使用されており、カナダでは1,100万回も使用されていると、Financial Timesは報告しています

これは、第1世代のIoTデバイスに影響を与えたセキュリティ上の問題のいくつかが解決されていることを示唆しているため重要です

潜在的なセキュリティリスクを管理するための連鎖のアプローチは、現実の一部としてスマートフォンを利用する企業の姿勢を示す良い例です

ヒルトンは、数多くのセキュリティおよびハッカー企業を雇用して、システムのセキュリティをテストするなど、テクノロジーとインフラストラクチャに5億ドル以上を費やしました

このようなストレステストは、私たちがすでに持っているものよりも本当に良いことを保証するために不可欠です


スポンサーリンク



AppleのHomeKitの安全

AppleのIoTデバイスへのアプローチは広く批判されました

それはHomeKitを導入したとき、我々はもっと高速な展開を持っていた印象を受けましたが、同社はセキュリティを優先する必要性になった後、開発を遅らせるように見ました

これは、Appleが最初に開発しなければならなかったことを意味し、その後、iot デバイスを保護するために、独自のセキュリティに焦点を当てたシステムを使用するようにメーカーを説得する必要が在りました

セキュリティに焦点を当てたこの動きは、単に「Appleのもの」だけではありませんでした

ヒルトンホテルでは、ドアロックシステムはiOSベースではなく、代わりにNFCを使用しています
これは、WWDC 2017のAppleが、Core NFCと呼ばれるフレームワークを使用してNFCタグを読み取ることができるアプリをiOS 11で開発者が作成できるようにすると発表したことから重要です

Appleによると、Core NFCは、NFC Data Exchange Format(NDEF)と互換性のある近距離通信タグをアプリケーションが読むことを可能にします

接続されたIoTデバイスに関するヒルトンホテルのチェーンのニュースが最も重要なことは、これらのソリューションの開発の重要な瞬間に来ていることです

Evans Data Corporationの2016年のモバイル開発調査では、調査対象の開発者の78%がIoTデバイスをサポートするソフトウェアを作成する予定であること、調査対象の開発者の45%がiOSをモバイル開発プラットフォームとして使用する予定であることがわかりました

NFC Forumの責任者、 Paula Hunter氏は次のように述べています

2020年までにインターネットに接続されている360億個のオブジェクトの多くは、NFCタグを利用する可能性が高い。市場の成長の鍵は、すべてのNFCタグ対応製品とサービスで予測可能な消費者体験を提供することです

ここで起こっていることは、業界の主要な開発段階で、高度に安全なIoTエコシステム(HomeKit)を作成し、開発者が接続ソリューションの可能性を日々の生活の中で本当に認識できるようにするドアを開いたことです

画像元:Phil C by flickr
(Via Computerworld.)


これから、HomePodを含めHomeKit対応のIoTデバイスが最終的に急速に普及する状況を、目の当たりにすることを楽しみにしたいと思います


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)